Home > マーケティング > コラボレーション

コラボレーション Archive

CBCNET|『World Jam Band “Last GIG!!!”』

インターネットを利用してジャムセッションを行うプロジェクト「World Jam Band」。別々のUstreamのウィンドウを一つのサイトにまとめて貼付け、同時に演奏。会場はCBCNET

Keds|『Keds Whiteney』

アメリカ、シューズメーカー「Keds」の『Keds Whiteney』というホイットニー美術館へのスポンサード活動。その取り組みの一環で、ショッピングセンター「ブルーミングデールズ」のショーウィンドウでデジタルサイネージとかインスタレーションが実施されています。

ショーウィンドウの歩道沿いに設置されたタッチスクリーン。操作しながら真っ白のKedsにまるでキャンバスに絵を描くかのようにカスタマイズできます。オンラインにつながっているようで色々と連携しているっぽいです。Foursquareでチェックインしておくと何か良い事がおこるというのもやってるようです。

他のショーウィンドウでは、3人の美術学生がショーウィンドウの中でキャンバスに向かって、ひたすら絵を描くというイベントも実施していました。

GAGLE|『iPhone for GAGLE』

ヒップホップユニットGAGLEが『iPhone for GAGLE』をエクスクルージブでドロップ!曲はProduced by DJ MiTSU THE BEATS。iPhone4を体感した感想をラップにのせ、YouTube動画にして発表。

7月3日に公開し、GAGLEのメンバー・HUNGERさんがTwitterで告知したところ孫社長が反応。「なんかリズム感イイね」と感想をつぶやいた。YouTubeでは約1万4700回(7月6日時点)再生され、「かっこいい」「iPhoneのCMで使えるレベル」といったコメントが寄せられている。

(via ITmediaNES)
(via BARKS)
(via MySpaceNews)
(via ナタリー)
(TOPSY)

ユニリーバ|『Share Happy Ice Cream Machine』

ユニリーバが実施した『Share Happy Ice Cream Machine』。フェイスブックと連動した参加型のデジタルサイネージで、笑顔を共有することが出来ます。サンプリングマシーンとしても機能するようです。

Forever21|『Times Square AR Billboard 』

Times Square Billboard by Space150 from Cliff Kuang on Vimeo.

ファッションブランドのForever21がNYのタイムズスクエアでARを盛り込んだデシタルサイネージを展開。

見上げた所に位置するビルボードにはこちら側を映すカメラが付いていて、画面にもその様子が映し出されています。すると、現実世界では有り得ない超巨大なモデルの女の子が画面上に現れ、そこにいる人達の写真を撮ってみたり、人をつまんでフォーエバー21の袋に入れてみたり、人を彼女の帽子の中に放り込んだりと、好き勝手してその場にいる人達を驚かすというもの。

ARに参加した観客は携帯でその様子を撮るぐらい深いコミュニケーションとなっています。こりゃ体験してみたい。

(via DigitalBuzz)

ESPN|『屋外体験型アメフト・ゲーム』

2009 ESPN Monday Night Football Interactive Storefronts from Brand New School on Vimeo.

スポーツ専門チャンネル「ESPN」の4年目となるキャンペーン「Is It Monday Yet?(月曜はまだ?)」の一環として展開されていた屋外デジタルサイネージ『Monday Night Football Interactive Storefronts』。毎年アメフト・シーズンになると「Monday Night Football」のおかげで、みんな月曜日が気になってしょうがなくなるようです。普段の日に少しでも気が紛れるよう設置されたのがこのデジサイ。通行人が程よく通る歩道脇に設置。

ハード的なところで言うと、デジタルサイネージはインタラクティブな仕様となっていて、人の動きやジェスチャーを認識する装置が備わっているようです。更にタッチスクリーン。

ソフト的なところで言うと、アメフトのゲームが行えるようになっているというもの。プレイしている人を周りで見ている人達も楽しんでいるのが伺えます。デジサイの前を通りかかるところから実際にゲームを開始して遊んで、終了するまですごい自然なコミュニケーションとなっていました。

ちなみにこちらカンヌ・アウトドア・ライオンのシルバーに輝いています。

ワールド・ビジョン・ジャパン|『LOVE CAKE PROJECT』

ホールケーキの1人分が寄付されるという『LOVE CAKE PROJECT』。カンヌ国際広告賞のPRライオンでシルバーを受賞しているようです。(via 日刊・世界の広告クリエイティブ

ケーキは、食べる人を幸せにします。
その幸せな気持ちを、
厳しい現実を生きる途上国の子どもたちとも
分かちあうことができたら。

というコンセプトから1人ぶん足りないホールケーキを「LOVE CAKE」として活動を展開。

(via ラブケーキプロジェクト)

すかいらーく|『SKL39』

40周年を迎える「すかいらーく」を記念してAKB48ならぬ『SKL39』というオリジナルユニットを結成。7月14日までに応援メッセージを4000通集める事ができなければ、即解散というキャンペーンを実施しています。ツイッターで各メンバーのつぶやき、YouTubeではオフィシャルチャンネルが展開されています。

高橋酒造「しろ」|『SHIRO Cheers System』

高橋酒造「しろ」のツイッターと連動したサイト『SHIRO Cheers System』がオープンしています。ツイッターと連動したカワイイ映像でオンラインで乾杯するシーンを創ってくれるムービージェネレーターコンテンツとなっています。

映像はサカナクションの「ネイティブアンサー」やUNIQLOCK等も手掛けた児玉裕一さん、制作はバスキュールさん、音楽はShe & Himの「Why Do You Let Me Stay Here?」、ピタゴラスイッチ風の見せ方はOK Goの「This Too Shall Pass – Rube Goldberg Machine version」を彷彿させます。このあたり、metaタグに入れてくれているあたりが憎いです。

『ユメコラボ』

地域情報サイトZAQが運営する『ユメコラボ』の「ユメ会議」のゲスト・ユメコーディネーターとして参加してきました。

『ユメコラボ』とは、実現すると少しでも世の中が良くなるユメを募集し、ユメに向かうひとを応援し実現するまでをコーディネートする活動。

今回参加させて頂いた「ユメ会議」は、全国各地から熱い気持ちを持って会場に集まったユメニストさんのプレゼンテーションが発表される場。程よい緊張感はあるものの笑いも程よく入る雰囲気でした。

プレゼンの中には、日本特有の問題を解決しようとする循環型社会の構想や、社会問題の啓蒙活動を目的としたエンタテインメント活動などなど、色んなユメニストの思いがあり、それぞれの視点やアイデア、何より熱意があってすごい刺激的でした。また機会があれば是非参加させて頂ければと思います。

『ユメコラボ』の活動はこちらから随時ご確認できます。ちなみに過去の「ユメ会議」はこんな様子

Page 10 of 11« First...7891011

ホーム > マーケティング > コラボレーション

RSS SD JAPANのフィード
RSS WIREDのフィード
RSS AdGangのフィード
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

トラックフィード
track feed
フィード


なかのひと
アクセス

Return to page top