Home > コンテンツ > GPS

GPS Archive

JR西日本|『HUNTER X HUNTER トラベルアドベンチャー』

JR西日本が、人気漫画「HUNTER×HUNTER」に登場する「ハンター試験」とタイアップした新幹線の利用促進企画をスタート。

サイトに登録してクイズを楽しんだり、現地に行って出題されるクイズをモバイルで解きながら、新しい新幹線の旅の楽しみ方を提案。6カ所で出題されるクイズに正解すると豪華プレゼントが貰えるとのこと。詳細はこちらから。


JR東日本|『新幹線YEAR2012』

JR東日本が運営する新幹線が今年、色んな区間の開業周年を迎えるメモリアルイヤーという事で、スペシャルサイト『新幹線YEAR2012』が公開されています。CMやラッピング新幹線の案内が見られるほか、GPSと連動して車窓ガイドしくれるアプリ「新幹線トラベラー」の紹介、思い出写真等が随時アップするコンテンツが用意されています。


リアル脱出ゲーム・オンライン『ホーンテッドハウスからの脱出』

リアル脱出ゲームオンライン第1弾「ホーンテッドハウスからの脱出」がインテル株式会社(intel)の協力の元、7月24日からスタート予定。6月11日よりチケットが発売されるとのこと。


『Nike+ Auction』

現在、「#makeitcount Campaign」をグローバルで展開しているナイキ。みんなのがんばりをカウントできるように、走った距離でナイキ商品に入札できるオークション・スペース『Nike+ Auction』を提供。


『震災復興に貢献したホンダのインターナビ』

ホンダの「インターナビ」は、他のインターナビが入った車のリアルタイムデータに基づいて最適なルートをオススメしてくれる「オーナー専用」双方向通信型カーナビ・サービス。

東日本大震災時、医師の配送や支援物資/資材の運搬をスムーズに行う事が急務でした。どこの道路が機能しているかを広く伝えるために「インターナビ」が大きく貢献。震災後使われた実績のある道路、24時間以内に使われていない道路、全く使われていない道路を視覚化。

震災から20時間でこのデータを「オープンソースフォーマット」として公開。Google の「Crisis Response Page」を介して世の中に提供。

後日、東京モーターショーの時に、「インターナビ」が復興に一躍かった事を紹介。震災後のドキュメンタリー映像として、視覚化されたデータの変遷とツイッターの様子を織り交ぜながら公開した。結果、加入者120%/利用率200%(前年比)と「インターナビ」への注目が大きく高まったとのこと。


タイトー × JEKI × DeNA|『アニ☆コレ』

タイトーと JEKI と DeNA の3社が協業で、位置情報(GPS)を活用した新しいソーシャルゲーム『アニ☆コレ』の提供を「Mobage(モバゲー)」で開始。

(via JEKIニュースリリース)


『竜王さまの世界征服が Google Maps で確認』

竜王さまが100年ごしの夢を実現し、世界征服が完了したことを Google Maps で確認できるとのこと。

(via スクエアエニックス/ドラクエパラダイス)

かなりの本気ムービーも公開されていました。


マピオン|スマホ向け位置連動放送局『WALLOP』

マピオンは、スマホ向け位置情報と連動する音声メディアサービス『WALLOP(ワロップ)』の提供を4月1日から開始する。専用アプリで無料で聴取できるラジコ風メディア。基本は無料で、有料会員になると機能追加等が可能。放送形態は、NOTTV同様「リアルタイム型放送」と「蓄積型放送」。


ユニクロ銀座店オープン記念企画!『UNIQLO CHECK-IN CHANCE』

ユニクロが、銀座店のオープンを記念して『UNIQLO CHECK-IN CHANCE』を首都圏でスタート。チェックインしてクーポンをゲットしよう。最大2000円のクーポンがゲットできます。

更に、ユニクロ銀座の最旬情報をゲットできる「ユニクロアプリ」を使って、期間内に会員登録すると10万円分のギフト券が当たるチャンス。詳細はこちらから。


GAP|『屋外広告×ジオフェンス』

GAPが屋外広告とジオフェンス技術を組み合わせたキャンペーンを展開。

ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴのバス停や地下鉄の駅などでポスター広告を掲出。更に、ジオフェンシング技術を駆使し、ポスターの近くを通過した端末にモバイル広告を展開した。訴求した内容は「50ドル以上のお買い上げで利用できる10ドルのクーポン」。モバイルでネットをしてたり、ゲームをしているユーザーに向けて掲出された。

これは、オンライン・ゲーム会社の Zynga と協同で実施できたもので、メッセージが通知できた対象モバイルは、特定のアプリ(クロスワード・ゲーム)を立ち上げているか、若しくはそれがバックグラウンドで走っている人に限って(2時間以内に指定スポットを通過した端末に)通知されたとのこと。

キャンペーンは、2月20日から3月6日の2週間実施して、計250万回のインプレッション、クリックスルーレートが0.93パーセント(サンフランシスコでは最高1.17%を記録)。通常、モバイル広告の平均CTRは0.2%程度とのこと。

(via Econsultancy)


Page 2 of 1112345...10...Last »

ホーム > コンテンツ > GPS

RSS SD JAPANのフィード
RSS WIREDのフィード
RSS AdGangのフィード
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

トラックフィード
track feed
フィード


なかのひと
アクセス

Return to page top